« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年2月

晴れたような気持ち

横綱朝青龍、有終の美を飾る。

Photo

知人男性に暴行したとされる問題で、理事会に召喚されていた朝青龍だが、ついに年貢の納め時となった。まあ、たんまり稼いだし、ほんとに好き放題やったし、日本の世論は過敏だし、相撲協会はうざいし、タイミングとしては良かったんだろうね。力士としてはまだやれそうだけど。

“「いろいろお世話になりました。引退します。世間をいろいろ騒がせた。今は晴れたような気持ち」と述べた。”

ということで勝手に晴れやかな気持ちになっている朝青龍だが、被害者は鼻骨折してんだよね、金で示談になったけど・・・

しかも、殴られた男は

「横綱、頑張ってください」

と声を掛けただけなのに、泥酔していたらしい朝青龍が

「オレに頑張れとは何だ!!」

と激怒して殴ったという。

これって、逆ギレというのでは・・・

ま、朝青龍にしてみれば、

「おめえに言われなくても相撲協会だの、親方衆だのにやんや言われながら、無茶苦茶頑張ってるわい!」

ということだったのでしょうが。
しかし、最後も優勝してるし、なんかほんとに憎まれっ子世にはばかるというか。あっぱれな感じです。
日本のようなせせこましい国には合わないパーソナリティなんだよ、ハナっからさ。
国技をやる奴は相応の人格者じゃなきゃいけないというなら、あの北の湖なんかどうなんの、マフィアと変わらないでしょ。

Photo_3

ぼくとしては、出る杭を打つのが好きな日本人と戦った労をねぎらって、

「朝青龍、お疲れさん」

と肩でも叩いてやりたい。でも、

「おれに“お疲れ”とはなんだ!」

と殴られそうなので直接は言わないでおこう・・・

| | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »