« どうでもいいところに降りてきたもの | トップページ | 40キロ地点のふたり »

限りなく黒に近いグレー

 友達のKが自転車同士の事故で転び、脇腹を痛めて病院に行った。そこはマッサージや電流治療に保険が効く整形外科で、近所では行列のできるクリニックとして有名。マッサージをする前に「保険適用のため、診断書には脱臼治療と書きます」と言うブラックな医者。
 レントゲンを撮ると、肋骨にヒビが。
 医師「大人しくして様子を見るしかないですね」
 K「どうせ相手の保険なんで、なんかできることないですか?」
 医師「…患部周りのマッサージぐらいしかできませんけど。ウチはいつ来て頂いてもかまいませんよ」
 「整形外科よ、お主も悪よのう」と思いつつKは数回通院した。
 その日、支払いを済ませて「次回のご予約は?」と訊かれ、「もう今日が最後で。お世話さまでした」と出口に向かう時、後ろから商売人の声を聞いた。
 「ありがとうございました」
 “お大事に”だろ!

|

« どうでもいいところに降りてきたもの | トップページ | 40キロ地点のふたり »

みんなの物語」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290905/44516053

この記事へのトラックバック一覧です: 限りなく黒に近いグレー:

« どうでもいいところに降りてきたもの | トップページ | 40キロ地点のふたり »